乾燥肌の症状と原因を知ってかゆみを防ぐ

乾燥肌の症状や原因を知って、きちんとした対処法、解消法を覚えておきましょう。年をとると肌の保湿性が低下し、乾燥肌になりやすいです。乾燥肌の予防には日常のスキンケアが必要になります。ここでは乾燥肌の症状や原因を知った上での対策を紹介しています。

*

乾燥肌の対処法

   

肌に刺激の少ない服を選ぶ

乾燥肌のケアには、保湿効果のある化粧品を選ぶだけでなく、着るものにも注意する必要があります。

アクリルやポリエステルなどの化学製品でできた衣類は肌への刺激が強く、肌荒れを起こしてしまう恐れがあります。

綿や絹などでできた衣類がおすすめです。自然素材で作られたものの方が摩擦が少なく、肌を刺激しません。

また、衣類は肌とこすれない、ゆったりとしたものを身につけると良いでしょう。衣類の素材やサイズに気を付けることで、乾燥肌の悪化を防げるのです。

乾燥肌は薬でケアできる

乾燥肌は薬で治療できます。肌の乾燥している範囲が広くなければ、軟膏を使うのが好ましいです。広い範囲にわたって症状が出ていたら、クリームタイプがおすすめです。

塗り薬を使っても効果が見られない場合は、皮膚科で飲み薬を処方してもらいましょう。

乾燥肌は放置しているとどんどん悪化し、肌荒れが広がったり、眠れなくなるほどかゆみが強くなったりします。乾燥肌に気付いたら治療薬を使い、早めに対処しましょう。