乾燥肌の症状と原因を知ってかゆみを防ぐ

乾燥肌の症状や原因を知って、きちんとした対処法、解消法を覚えておきましょう。年をとると肌の保湿性が低下し、乾燥肌になりやすいです。乾燥肌の予防には日常のスキンケアが必要になります。ここでは乾燥肌の症状や原因を知った上での対策を紹介しています。

*

健康な生活が乾燥肌を改善させる

   

十分な睡眠をとることで肌の質を保つ

乾燥肌で悩んでいる人は、睡眠を見直してみると良いでしょう。眠りの質が良くないと、肌の新陳代謝が十分に行われず、肌の質が下がってしまうのです。

人間の表皮の細胞は、およそ4週間おきに新しくなり、古い細胞と入れ替わります。このように、表皮が定期的に新陳代謝することを「ターンオーバー」といいます。ターンオーバーによって表皮が修復されることで、肌の健康が保たれているのです。

ターンオーバーは成長ホルモンによって促されます。また、成長ホルモンは睡眠時に分泌されます。そのため、睡眠時間が十分でない、または睡眠の質が悪いと、肌の更新が正常に行われなくなってしまうのです。

しっかりと睡眠をとることで、ターンオーバーが正常に行わます。乾燥肌になったら、睡眠時間を十分にとるようにしましょう。

ストレスが肌に悪影響を及ぼす

ストレスは乾燥肌の原因になります。

ストレスを感じ続けていると、ホルモンや自律神経のバランスが乱れ、肌の代謝が正常に行われなくなってしまうのです。さらに、ストレスを感じると体内で活性酵素が作り出されます。活性酵素は健康な細胞を傷つけ、体の免疫力を低下させます。その結果、肌の水分が失われ、乾燥してしまうのです。

化粧品などで肌のケアをしているにもかかわらず、乾燥肌が改善されない場合は、ストレスが原因になっているかもしれません。しっかりと休養をとることで、身体の機能が正常に働き、乾燥肌も改善されるでしょう。